【亀戸天神社 ふじみ守】藤と不死身をかけて健康長寿を祈願

東京
スポンサーリンク

藤色の紫をベースにした正方形のきれいなお守り

お守りコレクションblog
第194回目は東京都江東区にある
亀戸天神社の「ふじみ守」です。
初穂料800円(授与時)。

植物の藤と不死身をかけた
身体健全・延命長寿のお守りです。

正方形の真ん中に
「ふじみ守」と金色で文字が入り、
左右に藤の花が描かれています。
ベースカラーの紫は
まさに藤そのものであります。

不死身の体を手に入れたいと思うのは
人類の究極の欲望。
過去の支配者たちが最も手に入れたいと願った叶わぬ夢。
「生きている以上、必ず死ぬんだ」と
強がってみても、
心の奥底では割り切れないはかなき性。
だからこそ
一日でも長く健康でいたい、長く生きたい
という落としどころで
日々を生きているわけですよね。

亀戸天神社といえば「東京一の藤の名所」です。
歌川広重の「名所江戸百景」に
描かれるくらいの美しさがあります。

その絵とはこちらです。↓

右上に「名所江戸百景」「亀戸天神境内」と
書かれています。
太鼓橋の手前に藤の花。
池の向こう側では人々が座って
藤を眺めています。

広重の絵は他にもあります。↓

太鼓橋の両側にあるのが藤です。

今でいうとこの辺になります。↓

絵では鳥居は存在せず、
その代わりに2つの灯籠が建っています。
現代の写真では
灯籠は跡だけが残っています。

藤の見ごろは毎年4月中旬~5月上旬。
満開になると
このような景色を堪能することができます。↓

東京スカイツリーと藤棚の融合は
見事としかいいようがありませんね。

この光景を見れば
「東京一の藤の名所」といわれるのも納得。↓

江戸の絵師だったら
描き残したくなる気持ちも分かります。

江戸時代から続く藤の繚乱は
50株以上にものぼり、
華やかな姿が参拝者の方々の心を惹きつけています。

スポンサーリンク

裏面に描かれた太鼓橋は亀戸天神社のシンボルの一つ

裏面です。

額はおもて面のものと同じで、
紐をくるっと回すと
お守りの裏面を見せることができます。

左側に「亀戸天神社」と書かれており、
上には藤。
正面にはシンボルの一つにもなっている
太鼓橋が描かれています。

こちらが太鼓橋です。↓

亀戸天神社には通称、男橋と女橋と呼ばれる
2つの太鼓橋があり、
上の写真は女橋になります。
男橋よりも小ぶりなのですが、
デザインはいっしょです。

でも
お守りの裏面の絵は
どちらでもないようなデザインです。
昔のものなのでしょうか。
歌川広重の絵に面影を感じます。

ちなみに
額に描かれた太鼓橋は
男橋、女橋どちらかは不明であります。

太鼓橋に関して、
実は葛飾北斎も「諸国名橋奇覧 かめゐど天神たいこばし」
という作品を描いています。↓

葛飾北斎、安藤広重といった
江戸時代を代表する二大巨頭が
亀戸天神社を描くくらいですから、
当時から亀戸天神社はよほど名所だったんですね!

それにしても
橋の角度ったらとんでもないです。
転んだら大ケガですね。。

亀戸天神社とは以下のようなところです。

亀戸天神社|公式ホームページ
スポンサーリンク

心字池には日向ぼっこをする亀、手水舎には水を吐く亀

亀戸天神社はJR亀戸駅とJR錦糸町駅の
ちょうど中間点に鎮座しています。
蔵前橋通りという、
文京区湯島から江戸川区北小岩まで伸びる
有名な道路沿いにありますので
分かりやすいと思います。

そして東京十社の一つだけあって
平日であっても訪れる方が多いです。
まるで吸い込まれるかように向かって行きます。↓

建物と建物の間の小路を入っていくと
一の鳥居が見えます。↓

一の鳥居です。↓

一の鳥居の扁額には
「東宰府 亀戸天満宮」と書かれています。↓

福岡にある本宮、太宰府天満宮に対して、
東の宰府として「東宰府」。
亀戸天神社の別称として「亀戸天満宮」
といわれています。

一の鳥居を入ると
すぐに太鼓橋(男橋)があります。↓

太鼓橋(男橋)から眺める境内が絶景です。↓

広がる緑はすべて藤です。
訪れたこの日はすでに藤の花のシーズンは終わっており
見ることはできませんでしたが、
紫の花が一面に広がっているのを想像すると
さぞ美しいだろうなと思います。

太鼓橋(男橋)を過ぎると
同直線上に太鼓橋(女橋)があります。↓

橋が架かっている池を
心字池といいます。
そこには亀戸ゆえに亀がいます。↓

日向ぼっこをしていますね。

太鼓橋(女橋)を渡りますと
いよいよ拝殿となります。
参拝する前に。
右側に手水舎がありますのでお清めを。↓

手水舎というと木造のイメージですが、
コンクリート造りは珍しいですね。

お清めの水は亀の口から出てきます。↓

さすが亀戸。

引いたアングルで手水舎を撮ると
きれいな円を描いた大木との
コラボレーションが実現。↓

枝葉の緑と空の青色が
見事にマッチングして
美しいですね!

スポンサーリンク

ご祭神の菅原道真といえば牛。ご神牛の頭をなでれば知恵が授かれる

拝殿です。↓

ご祭神は学問の神様である菅原道真。

1646年(正保3年)、
太宰府天満宮の神官であった
菅原大鳥居信祐(道真の末裔/亀戸天神社初代別当)が勧請。

当時の徳川幕府は
江戸の大半を焼き尽くした明暦大火からの
復興事業を行わなければなりませんでした。
そこで
この地域周辺を復興開発重点地区と定め、
さらには
4代将軍家綱が天神様を篤く信仰していたこともあり、
鎮守の神様としてお祀りするために
現在の社地を寄進したそうです。

そして1662年(寛文2年)10月25日に
太宰府の社にならい、
社殿、回廊、心字池、太鼓橋などを造営。
以来、約350年後の今日まで
東国天満宮の宗社として崇敬されているということです。

お賽銭箱には梅をあしらった社紋が入っています。↓

菅原道真と梅については
荏柄天神社の記事にて書いていますので
ぜひチェックしてください。↓

【荏柄天神社の御守】菅原道真公の御神徳で日々の安寧を願う
菅原道真が愛した梅がモチーフの深紅のお守り 第15回目は神奈川県鎌倉市にある荏柄(えがら)天神社の「御守」です。初穂料500円(授与時)。天神社、天満宮との名を持つ神社は御祭神が菅原道真。学問の神であります。受験生にとってはお参りしておきた...

拝殿の右側には
天神社や天満宮ならではの御神牛。↓

菅原道真と牛との関わりは様々あるといわれています。
生誕が845年(承和12年)6月25日の乙丑(きのとのうし)。
農耕に勤しむ牛の姿に深い慈愛の心を示していた。
牛の鳴き声で刺客から逃れることができた。
京都から大宰府に下向する途中、白牛によって危機から救われた。
亡くなられたのが903年(延喜3年)2月25日の丑の日だった。
などなど。

そして何といっても以下のエピソードが有名です。
大宰府の配所で道真が亡くなり、遺体を牛車に納めて運ぶ途中、
牛が座り込んで動かなくなりました。
「これは道真公の御心によるものだ」として
その場を墓所と定めました。
そのことが
太宰府天満宮建立の起源といわれています。

学業に秀でた道真のご神徳により、
御神牛の頭をなでると
知恵を授かるとされ、
多くの方に親しまれています。

菅原道真と牛については
平河天満宮の記事でも書いています。
こちらもチェックしてください。↓

【平河天満宮の御守】開運のご利益でもあえてそう書かない簡潔さ
金と紫の色合いで高徳な雰囲気を醸す 第19回目は東京都千代田区平河町にある平河天満宮の「御守」です。初穂料800円(授与時)。 一見すると、ごく一般的なお守りです。中央やや上に天満宮ならではの梅の社紋。その下には「御守」の文字。まわりには花...
スポンサーリンク

境内には道真の師匠、奥様、子どもも祀られている

亀戸天神社には見どころがたくさん。

まず
拝殿から右(東側)へと歩いて行くと
御嶽神社があります。↓

菅原道眞公の学問の先生である法性坊尊意僧正が
祀られています。
1669年(寛文9年)11月21日に大宰府御嶽山より勧請し
建立されました。
古くは亀戸妙義社とも号されていました。
現在の社殿は1976年(昭和51年)に再建されたものです。

御嶽神社の横に舞殿があり、
その裏側には
「亀井戸跡」なるものがあります。↓

亀の形をした石像の上に碑が建っています。
亀戸という地名はもともとは「亀井戸」だったそうで、
「井」が取れて亀戸になりました。
「跡」とありますので、ここに井戸があったのでしょうか。
実際はよく分からないみたいです。

「亀井戸跡」の隣には
雪をかぶったような
謎の物体がありました。↓

「おいぬさま」と呼ばれるもので
もともとは狛犬だったそう。
白いものは塩です。
塩をかけて病気治癒や商売繁盛を祈願するといいます。

「おいぬさま」から鳥居のほうへと向かって
歩いて行くとあるのが花園社。↓

菅原道真の奥様である宣来子(のぶきこ)の方と
14名のお子さまをお祀りしています。
そのため
安産、子宝、育児、立身出世の守護神として
信仰されています。

男橋と女橋の間の参道にある弁天社。↓

1665年(寛文5年)に
太宰府天満宮の心地池畔に鎮座する
志賀社を勧請したものになります。

当時の文人が上野の不忍池に見立て
弁天堂と称したことから
「弁天社」と呼ばれるようになりました。

心地池を見て不忍池を思い浮かべるあたりが
文人の発想の豊かさですね!
凡人のわたくしには思いつきません。。

境内の西側には紅梅殿があります。↓

本社造営と同じ1662年(寛文2年)に
太宰府天満宮のご神木「飛梅」の実生を勧請し、
社殿前に奉斎したのが起源です。
1988年(昭和63年)に現在の位置に
再建されました。

扉に彫られた梅の木のなんと繊細なこと!↓

亀戸というと
下町のイメージが強いエリア。
そこにこのような美しい光景が残っていることに
驚きとともにうれしさを感じてしまいます。

江戸の絵師たちが亀戸天神社を描きたくなる気持ち、
何となく分かります。
今は写真というお手軽なメモリー装置がありますから
筆を走らせることはないのですが、
心にとどめておきたくなるのは
今も昔も変わりませんね。

住所:東京都江東区亀戸3-6-1
アクセス:JR亀戸駅北口より徒歩15分、JR錦糸町駅北口より徒歩15分、
     東京メトロ半蔵門線錦糸町駅4番出口より徒歩12分

東京
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました